インディゴチルドレンだから

発達障害の人たちやインディゴチルドレンや HSP の人たちの脳の中でこのような脳の働きの違いが起きていたとするならばどちらものアンバランスなのという点では同じと言えると思います発達障害の人たちと特徴がまるで麻薬ということについてなんですが発達障害の中でも症状がまるで麻薬になるというのはよくあることです例えば ADA 多動傾向の強い ADHD タイプであればおまつりやパーティー新しいものが大好きで人見知りとは程遠いはとても活発なところがあるその一方で受身型や孤立型と呼ばれるアスペルガーであればパーティー会場では何を喋ったらいいかわからなくて固まってしまったりをどうぞしてしまったりまた逆に何を喋ったらいいのかわからないのでま余計な事を色々ペラペラと喋りすぎてしまっても後になって後悔してしまうことがある他にも孤立型アスペルガーといえば自分からは決して連絡を取らない歯を開いてから何らかの子アプローチがあったとしてもちょっとしかとしてしまったりというような症状が丸い逆になったりしますかと言ってそう言った ADHD 孤立型アスペルガーの人たちがまるで麻薬の症状しか持っていないかと言うとは決してそんなこともなくてまるで麻薬の症状を持ちながらも同じような見たような症状をいくつも併せ持っていたりというを本当にスペクトラムで連続体に症状をいくつも重ね合わせて持ってしまっているというのは発達障害の特徴でもあると思います発達障害だとか発達障害ではないとかそういうことではなくて生きづらさを抱えているインディゴチルドレン HSP 達が生活に支障が出てしまっているくらいに悩んでいる苦しんでいるということが一番の問題だと思いますえー私がなぜ蕎麦の幼虫取れ HSP 立ち絵本気で改善したいと思っ本気で改善させたいと思って悩んでいる苦しんでいるインディゴチルドレン HSP の人たちに愛さ障害発達障害という概念を持っていた方がいいですよと言う焦げているのかということについてなんですがそれは発達障害代謝障害にはちゃんとした改善策というのが存在しているというところにありますその改善策とはちょっと栄養療法オーソモレキュラーという栄養学栄養学に基づいたアプローチの考え方アプローチ法であったり他にも認知行動療法やプログラムと言われる応用行動分析学であったりどれも発達障害の人たちに効果があるとされている改善プログラムのひとつです 確かにこれらの改善策プログラムというのは右脳の働き代謝機能というのがそんなに単純ではないということからも何かひとつだけのことを試してみてそれで真っ直ぐに生きづらさが改善されるのかとかっていうそういうことではないんですねすごくいろんなことを複合的に色々してしかも長期的に取り組んでいかなければいけないという点では私彼に大変な面もあるんですがまそうだったそしてもうま何をしても生きづらさが変わらなかった苦しんでいたという人たちにとっては万能という視点から心と体と脳のつながりという科学的なアプローチで生きづらさというものに取り組んでいくこのことが何をしても変わらなかったという人たちにとっては一筋の光になるのではないかなと私は考えていますアーユルヴェーダサロンサンドールのみつこです今日はですね以前にも話をしていた私の8特殊な体質特殊な概念の一つになりますけれどもインディゴチルドレンについてお話ししていきたいと思いますインディゴチルドレンについて色々検索をしていましたらその子供の頃の特徴をあの確認していきましょうというサイトがありましてそこからちょっとあの拾わせていただきまして今日はその話をしていきたいと思います私もインディゴですという皆様に共感していただきたいと思いますしそうかもしれないと思っている方があのやっぱりインディアお店って確信を持っていただけるように私は9でも金増えてほしいんですよね私はインディゴですインディゴじゃありませんインディゴかもしれないわからないみんないろんなねこういう考え方があると思うですこれ2話でハマるけどこれには当てはまらないでもね基本的にはインディゴさんは今の地球今の世界日本とっても必要な人材なんですだからそうかもって思っていられるよりも私はインディゴですと自信を持って一緒に進んで行きたいんですそういう思いが根底にあってこのお話を忌み子の話を続けていきたいなと思いますインディゴチルドレンの子供の頃の特徴4で行きますねまずは1970年代後半以降に生まれてくることが多いこれはですね多いというだけであって実際にはもっともっと前からこの地上にその魂は置いてきていると言われていますそして私自身もそう思っていますそう感じています

バイオリンなんて

バイオリンなんて学生の時にやっていてもうどうやって弾いていたのかなんてあんまり覚えてない部分もらあるんですがなんとなくまたバイオリンを始めて見たいと思って両親にお願いして小屋から昔使っていたバイオリンを出してもらいました。幸いにもすぐに見つかったのでそんなに苦労はしなかったみたいなんですが何十年かぶりなのでとりあえずまずは楽器店に持って行って使える楽器なのかそうじゃないのかだけでも見てもらおうかと思ってます。なんせまたバイオリン初心者に逆戻りしちゃいましたからね。でもまたあの時にみたいに一からバイオリンの事を学べるのですごく楽しみなんです。そして修理がそこまで高くないと良いなぁ(笑)

ピアノ教室でのレッスンは

ピアノ教室でのレッスンは、前回からインベンションに取り掛かりました。インベンションは昔からいちどは弾いてみたいと思っていたピアノ曲なので、今こうしてインベンションの練習ができることがとてもうれしいです。でも、やはり思った以上に難しいピアノ曲なので、練習していてもなかなか力になってきません。なので、少し練習のやり方を今までと変えていかないと、浜松市ピアノ教室でのレッスンに間に合わないような気がしています。まずは、片手ずつ丁寧に練習していこうかな。

床屋さんのバリカンの技術というのは

それにしても、床屋さんのバリカンの技術というのはほんとに凄いなと感心してしまいます。あんなバリカンを使ってどうやってやって髪の毛をなめらかにきれいにカットしていくのか、やってもらっていても全然判りません。でも、仕上げは本当に綺麗で、バリカン1つでやったなんて信じられません。美容室で髪を切ってもらうのも良いのですが、やはり床屋さんでバリカンを使ってやってもらう方が、私は好きです。次回はまた1ヵ月後に浜松市床屋予約しておいたので、またすっきりとカットしてもらおうと思います。

家の中に出ていたゴキブリも

家の中に出ていたチャバネゴキブリも、最近はゴキブリ対策の効果もあってかだいぶ数が少なくなってきました。この調子でチャバネゴキブリを全滅させることができれば、もう少し家の中にいても安心して暮らせるようになるのかなと思っています。チャバネゴキブリは、思った以上に繁殖するのが早くて、なかなか家の中で出てくるのは完全に退治することができませんでした。なので、チャバネゴキブリの数が少なくなってくれると大分安心できます。ただ、チャバネゴキブリは出なくなってきてもまだゴキブリの幼虫が出てくるので安心はできません。ゴキブリの幼虫は、相変わらず夜になると台所に出現してきます。大体、毎晩2匹はゴキブリ幼虫が出てくるので、これを今度は何とかしないといけません。ゴキブリの幼虫は、体の大きさは小さいので退治するのはそれほど気持ち悪くはありません。ですが、さすがに毎日のように家の中に出てくるといまいち良い気分がしません。なので、そろそろゴキブリの赤ちゃんのゴキブリ対策を始めて行かないといけません。ゴキブリの赤ちゃんを退治するためには、やはりゴキブリスプレーを使うのが1番確実だと思っています。ゴキブリスプレーを使えば、かなりの確率でゴキブリ赤ちゃんを退治することができます。ゴキブリの赤ちゃんは、普通のゴキブリに比べると生命力も弱いので、ゴキブリのスプレー位で何とかなってしまうのです。なので、ゴキブリの赤ちゃんのゴキブリ対策は、ゴキブリスプレーを使って行っていくつもりです。問題はゴキブリの卵を駆除するためのゴキブリ対策です。ゴキブリの卵は、ゴキブリ駆除剤などでは駆除ができないため、やれる事と言ったらゴキブリの卵を見つけ出して捨てることぐらいです。だから、ゴキブリ卵を駆除することを考えるよりも、ゴキブリの卵を産む親ゴキブリを退治することを考えていくほうが確実なのです。そのためのゴキブリ対策をここから考えていかないといけません。でも、親ゴキブリを退治するためにゴキブリ対策であれば、市販のゴキブリ駆除剤を使ってもある程度は効果があります。なので、まずはゴキブリの卵ではなくゴキブリの卵を産む親ゴキブリを駆除するためのゴキブリ対策というの考えていかなければなりません。