インディゴチルドレンだから

発達障害の人たちやインディゴチルドレンや HSP の人たちの脳の中でこのような脳の働きの違いが起きていたとするならばどちらものアンバランスなのという点では同じと言えると思います発達障害の人たちと特徴がまるで麻薬ということについてなんですが発達障害の中でも症状がまるで麻薬になるというのはよくあることです例えば ADA 多動傾向の強い ADHD タイプであればおまつりやパーティー新しいものが大好きで人見知りとは程遠いはとても活発なところがあるその一方で受身型や孤立型と呼ばれるアスペルガーであればパーティー会場では何を喋ったらいいかわからなくて固まってしまったりをどうぞしてしまったりまた逆に何を喋ったらいいのかわからないのでま余計な事を色々ペラペラと喋りすぎてしまっても後になって後悔してしまうことがある他にも孤立型アスペルガーといえば自分からは決して連絡を取らない歯を開いてから何らかの子アプローチがあったとしてもちょっとしかとしてしまったりというような症状が丸い逆になったりしますかと言ってそう言った ADHD 孤立型アスペルガーの人たちがまるで麻薬の症状しか持っていないかと言うとは決してそんなこともなくてまるで麻薬の症状を持ちながらも同じような見たような症状をいくつも併せ持っていたりというを本当にスペクトラムで連続体に症状をいくつも重ね合わせて持ってしまっているというのは発達障害の特徴でもあると思います発達障害だとか発達障害ではないとかそういうことではなくて生きづらさを抱えているインディゴチルドレン HSP 達が生活に支障が出てしまっているくらいに悩んでいる苦しんでいるということが一番の問題だと思いますえー私がなぜ蕎麦の幼虫取れ HSP 立ち絵本気で改善したいと思っ本気で改善させたいと思って悩んでいる苦しんでいるインディゴチルドレン HSP の人たちに愛さ障害発達障害という概念を持っていた方がいいですよと言う焦げているのかということについてなんですがそれは発達障害代謝障害にはちゃんとした改善策というのが存在しているというところにありますその改善策とはちょっと栄養療法オーソモレキュラーという栄養学栄養学に基づいたアプローチの考え方アプローチ法であったり他にも認知行動療法やプログラムと言われる応用行動分析学であったりどれも発達障害の人たちに効果があるとされている改善プログラムのひとつです 確かにこれらの改善策プログラムというのは右脳の働き代謝機能というのがそんなに単純ではないということからも何かひとつだけのことを試してみてそれで真っ直ぐに生きづらさが改善されるのかとかっていうそういうことではないんですねすごくいろんなことを複合的に色々してしかも長期的に取り組んでいかなければいけないという点では私彼に大変な面もあるんですがまそうだったそしてもうま何をしても生きづらさが変わらなかった苦しんでいたという人たちにとっては万能という視点から心と体と脳のつながりという科学的なアプローチで生きづらさというものに取り組んでいくこのことが何をしても変わらなかったという人たちにとっては一筋の光になるのではないかなと私は考えていますアーユルヴェーダサロンサンドールのみつこです今日はですね以前にも話をしていた私の8特殊な体質特殊な概念の一つになりますけれどもインディゴチルドレンについてお話ししていきたいと思いますインディゴチルドレンについて色々検索をしていましたらその子供の頃の特徴をあの確認していきましょうというサイトがありましてそこからちょっとあの拾わせていただきまして今日はその話をしていきたいと思います私もインディゴですという皆様に共感していただきたいと思いますしそうかもしれないと思っている方があのやっぱりインディアお店って確信を持っていただけるように私は9でも金増えてほしいんですよね私はインディゴですインディゴじゃありませんインディゴかもしれないわからないみんないろんなねこういう考え方があると思うですこれ2話でハマるけどこれには当てはまらないでもね基本的にはインディゴさんは今の地球今の世界日本とっても必要な人材なんですだからそうかもって思っていられるよりも私はインディゴですと自信を持って一緒に進んで行きたいんですそういう思いが根底にあってこのお話を忌み子の話を続けていきたいなと思いますインディゴチルドレンの子供の頃の特徴4で行きますねまずは1970年代後半以降に生まれてくることが多いこれはですね多いというだけであって実際にはもっともっと前からこの地上にその魂は置いてきていると言われていますそして私自身もそう思っていますそう感じています