ウクレレ初心者が独学で練習する時にやってはいけないこと

ウクレレを始めたばかりの初心者の方は、これから練習を積み重ねてだんだんとウクレレが弾けるようになっていく楽しみがあるわけです。

 

 

近くにウクレレ教室や教えてくれる友人がいればいいのですが、そうでない方は独学でウクレレの練習を始められると思います。

その時に、絶対にやってはいけないことがあります。

それは何か分かりますか?

 

◆ウクレレを完全に独学で始めるのはNG

これからウクレレを始める時にやってはいけないこと、それは、

完全に独学でウクレレの練習をすること

です。

ウクレレは手ごろに始められる反面、挫折しやすい楽器です。

なぜかというと、最初から完全に独学でウクレレを始めてしまうと弾き方がよく分からず、途中で挫折してしまうからです。

そんな楽器でもそうですが、最初を完全に独学で始めてしまうとそもそも弾き方が分からないため、どうしていいのか分からなくなってしまいます。

教本を使ってやればそんなことない、と思う方もいますが、文字で見てもどうやってウクレレを弾けばいいのか、そんなニュアンス的な部分はまったく伝わってきません。

だから、完全に独学でウクレレを始めてしまうと、皆さんすぐに挫折してしまうんですね。

楽器の値段が安い分、挫折しても「まあ、楽器も安かったから」とすぐに諦められてしまうのもウクレレの特徴です。

でも、せっかくウクレレを始めたなら、曲を弾いて楽しめるようになってほしいと思います。

では、独学でウクレレを弾けるようになるためには、どういう練習のやり方をすればいいのでしょうか?

 

◆独学で練習するならDVD教材を使おう

これからウクレレを独学で始めようと思っているのであれば、DVD教材を観ながら練習していくのがおすすめです。

DVD教材の場合は、教本などの文字だけのものと違い、実際にどうやってウクレレを弾けばいいのか、どうやって弦を押さえればいいのかなどを、動画で観ながら練習することができます。

そのため、細かいニュアンスも理解しやすく、教本だけで練習しているよりもはるかに早く弾けるようになります。

それに、DVD教材というのは基本的に初心者向けに作られているので、説明なども分かりやすくなっています。

だから、人によってはウクレレ教室に通うよりもDVD教材で自宅で練習する方が、スムーズにウクレレを弾けるようになるんですね。

ただ、DVD教材もしっかりした内容のものとしっかりしていないものがありますので、今回はしっかりしたDVD教材を紹介しておきます。

これからウクレレを独学で練習しようと思っている方は、せめてDVD教材は使うようにしてください。

それだけで、ウクレレが弾けるようになるまでの道のりがかなりスムーズになりますよ。

⇒ウクレレのDVD教材はこちら


 

SNSでもご購読できます。