ウクレレ入門セットの値段

ウクレレをこれから始めようと思っている方には、ウクレレ本体から付属品までがそろっている「ウクレレ入門セット」がおすすめです。

ただ、ウクレレの入門セットでも、値段は色々ですよね。

ウクレレの入門セットを選ぶときに気をつけておきたいのは、

安い値段の入門セットを選ばない

ということです。

これはどの楽器にも言えることですが、安い入門セットに付いてくる楽器というのは、あまり使えないような楽器が多いです。

これはウクレレも同じで、例えば10000円以内のウクレレ入門セットというのは、楽器自体があまりしっかりしていないものばかりです。

そういう入門セットを購入してしまうと、

・音がしっかり鳴らない
・チューニングしてもすぐに音が狂ってしまう

など、ウクレレを楽しめないケースが多いです。

そうなってしまうと、せっかくウクレレを始めてみようと思っていたのにつまらないからやめてしまう、ということにつながってしまいます。

それではせっかくウクレレを始めようと思ったのに、悲しすぎます。

なので、ウクレレ入門セットを選ぶ時の値段は、まず10000円以内のものは選ばないようにしましょう。

 

では、どのあたりの入門セットがいいのかということになりますが、これはどの程度の入門セットを使って始めたいのかによって変わってきます。

例えば、10000円台のウクレレ入門セットだと、このあたりでしょうか。

 

このウクレレ入門セットの値段は16600円なので、最低ラインがこのあたりだと思っていただければいいと思います。

ひとまずウクレレを触ってみたい、という方は、このあたりの入門セットを選んで始めてみるのがおすすめです。

ただ、このあたりの入門セットは、どうしても教則本やDVDがしっかりしたものが付いていないので、本当にウクレレを触ってみる、程度のところまでしか弾けるようになりません。

なので、どこかウクレレ教室に習いに行ったり友人にウクレレを教わることができない方は、もう少し教則本やDVDがしっかりしたものが付いている入門セットを選んだ方がいいです。

 

しっかりした教則本や教則DVDが付いている入門セットだとこのあたりでしょうか。



今販売されているウクレレの入門セットの中では、これが一番充実していて、購入した後でも教則本と教則DVDを観ながら自宅で練習できます。

しかも、DVDの内容がかなり充実しているので、この入門セットで始めるならウクレレ教室に通わなくても大丈夫です。

値段は、49680円(税込)と、他の入門セットよりも高額な感じはしますが、

・ウクレレは専門家がチェックしてくれます(これがとても重要です)
・ウクレレ教室に通わなくても大丈夫なくらい丁寧なDVD教材が付いてくる

ので、楽器を一度もやったことのない方でも安心して始められます。

値段の安い入門セットで始めてもいいですが、せっかくウクレレを買っても弾けるようにならないと意味がありません。

なので、値段での選び方としては、

・ひとまずウクレレを弾いてみたいなら安い入門セット
・ウクレレを弾けるようになりたいならしっかりした入門セット

という形で選ぶようにしましょう。

⇒ウクレレ入門セットはこちら


ウクレレは入門セットで始めるのがおすすめ

これからウクレレを始めようとお考えの方には、ウクレレの入門セットでウクレレを始めることをおすすめしています。

ウクレレというのは、楽器本体だけを購入してもウクレレが弾けるわけではありません。

ウクレレ以外にも、ウクレレをチューニングするチューナーだったり、ストラップだったり、教本だったり、必要なものはたくさんあります。

楽器店などでウクレレを購入すると、全部別々に購入しないといけなかったり、置いてある入門用ウクレレも安くて使えないようなものだったりするので、今回はしっかりウクレレを弾けるようになりたい方におすすめのウクレレ入門セットを紹介していこうと思います。

ウクレレを始めるときに最低限必要なもの

ウクレレを始めるためには、最低限持っておかないといけないものがあります。

簡単に書き出すと、

・ウクレレ本体
・ウクレレを保護するケース
・音程を合わせるチューナー
・ウクレレを安定して持つために使うストラップ
・ウクレレの教本

まずこれだけはないとウクレレを始めることはできませんから、最低限これが入っている入門セットを選ぶようにしましょう。

ウクレレはDVD教材があると練習しやすい

これ以外にも、ウクレレが弾けるようになるためには、DVD教材があるととても便利です。

というのも、ウクレレの場合は、弾いている手元や弦を押さえている手元を見れば、どうやってやればいいのかがすぐに分かります。

例えば、ウクレレの弾き方を紹介しているYOUTUBEの動画を1つ載せてみますね。

チューニングのやり方の動画ですが、教本を見るよりもこうして動画で観てしまった方が分かりやすいのが実感していただけると思います。

教本を見ながら練習をしていくのもいいですが、こうして動画を観ながら練習していく方が何倍もスムーズに練習していくことができます。

ウクレレの教則DVDは単独で購入すると、分かりやすいものは少し高めの値段なので、教則DVDがセットになっている入門セットを選ぶようにしましょう。

入門セットの内容

今回紹介するウクレレの入門セットには、ここまで紹介したようなものがすべて含まれています。

・ウクレレ本体
・ウクレレケース
・チューナー
・ストラップ
・カポタスト
・ウクレレの教本×3冊
・レッスン用DVD3枚
・レッスン用楽譜3冊

セットになっているウクレレは、よく入門セットにありがちな数千円のおもちゃのような安物のウクレレではなく、専門家がチェックもしているので安心して使えます。

何よりも、レッスン用DVDも3枚付いているので、自宅で自分だけで練習することが可能です。

これからウクレレを始めようと悩んでいるなら、このウクレレ入門セットを使ってウクレレをスタートしてみるのがいいと思いますよ。

⇒ウクレレ入門セットの詳細はこちら


ウクレレのストラップは使うようにしましょう

これからウクレレを始める入門者の方は、ウクレレ入門セットに入っているストラップは使って練習を始めた方が良いです。

というのも、ウクレレと言うのは右手で弦を弾きながら左手で弦を押さないといけません。

その時に、ウクレレが動いてしまってとても弾きにくくなってしまうのですが、ストラップがあることでウクレレが安定するためかなり弾きやすくなります。

それに、ウクレレと言うのは色々なサイズのウクレレがありますが、ストラップがあればウクレレのサイズを気にすることなく弾くことができます。

そういった面からも、ウクレレの入門セットの中に入っているストラップはできるだけ使って練習をしていくことが大切になります。