ウクレレのチューニングはチューナーを使おう

ウクレレ入門セットには、ウクレレをチューニングするためのチューナーが付いてきます。

ウクレレと言うのは、必ず練習前にチューニングをする必要があります。

チューニングのやり方としては、ピッチパイプという物を鳴らしてウクレレチューニングしたりする方法もありますが、この方法だとかなり耳が良くないとチューニングができません。

というのも、ピッチパイプを使ってチューニングをする場合は、ピッチパイプの音程と自分が引いているウクレレの音程の違いがわからないといけないからです。

これは、まだウクレレをこれから始める方にとっては、かなり壁が高いです。

ですから、ウクレレ初心者の方がウクレレをチューニングする時と言うのは、ウクレレの入門セットに入っているチューナーを使ってチューニングすることをお勧めしています。

入門用のウクレレに使われる木材

入門用のウクレレに使われる木材は、コアウッドと言う種類の木材と、マホガニーと言う木材があります。

入門用のウクレレに使われる木材としては、この2種類が非常に多いです。

その中でも、コアウッドと言われる木材を使ったウクレレが特に多いです。

コアウッドの特徴としては、歯切れが良く、明るく軽快なサウンドが特徴の木材です。

ウクレレといえばコアウッドと言われる位、ウクレレに使われる木材としてはとても有名な木材になります。

入門用のウクレレの形

入門用のウクレレを選ぶときに、選ぶポイントの1つとして形があります。

ウクレレの形は大きく分けると2種類あります。

ギターのようなくびれのあるタイプのスタンダードと言う形のウクレレ。

もう一つは、くびれのないタイプのパイナップルと言う形のウクレレ。

この2種類があります。

どちらの形のウクレレが入門用に向いているかと言うと、一般的にはスタンダードタイプの形をしたウクレレが入門用に向いていると言われています。

ですので、まだ入門用のウクレレを購入していない方は、ウクレレを選ぶときにスタンダードタイプのウクレレを選ぶようにしましょう。