ウクレレのアルペジオの弾き方について

このページでは、ウクレレのアルペジオの弾き方についての動画を紹介していきます。



⇒ウクレレの弾き方一覧に戻る



今日はアルペジオ、日本語でいうと分散和音ですね。アルペジオの奏法について管単位解説をしたいと思います。

ウクレレの伴奏法には、大きく分けて2つあります。ストローク(コードをかき鳴らす)という奏法、ストロークと対象的なアルペジオの2つがあります。
アルペジオの時は4本の指を使うと弾きにくいので、人差し指と親指でアルペジオを弾いてあげる、これがウクレレのアルペジオの一般的な弾き方です。

まずCコードの時は、一番低い3弦から2弦、4弦、1弦の順番で弾きます。この時に、指が他の弦に当たると前に弾いた弦の音が消えてしまうので、他の弦に指が当たらないように気をつけます。

ウクレレのボディは2本の指で支えていますから、安定しています。その状態で親指で弾いていきます。

他にも、行って戻ってくる3連符系の弾き方や、ずっと1弦に人差し指を置いておいて、親指で弾いていくアルペジオの弾き方もあります。

左手のコードの押さえ方が特徴があります。

例えばFの場合は、小指で1の3を押さえることでバランスよく低音から高音までFのコードが弾けます。

それぞれ色々なコードタイプ、ローコードの方がハイコードよりも響きがきれいに出て弾きやすいと思います。

それぞれのコードタイプで、アルペジオの場合は1本1本の音を出していきますので、同じ音が2度鳴らないように工夫してアルペジオを弾くようにしてください。






ページトップに戻る