ウクレレのコードの弾き方

このページでは、ウクレレのコードの弾き方についての動画を紹介していきます。



⇒ウクレレの弾き方一覧に戻る


ウクレレのよく使われるコードの押さえ方とよく使われるコードについて説明をしていきます。

まず、コードの押さえ方、弦の押さえ方ですね。最初にCというコードを押さえてみます。

その時に、指の押さえる位置ですが、このフレットとフレットのちょうど真ん中ですね。少し手前のフレット側によると良いと思います。良くない例としては、フレットの真上に指を置いてしまうことですね。そうすると、音がきれいに鳴らなくなります。なので、指はフレットとフレットの間を押さえるようにします。

こちらCのコードですが、押さえ方としては、少し左手の親指を上に出します。薬指は指を立てて押さえます。よく指を反るような形でコードを押さえたりしてしまいますが、そうするとあまり良くありませんので、指を立てて弦を押さえるようにしましょう。

このCのコードを押さえる時のポイントです。押さえる指は1本なんですが、他の指が外に出てしまっていると、コードチェンジをするまでに時間がかかってしまうので、Cを押さえている時もすぐに他のフレットを押さえられるようになるべく近くに配置するようにします。コツとしては、手の指の付け根が手前側から見て少し見えるように、手の甲を前に舵手用にすると指が上のほうに少しかぶってくるので、そのように押さえます。

良くない例としては、手首が下がると指が外に向いてしまうので気をつけるようにします。

次によく使われるコードでAmというコードがありますが、4弦の2フレットを中指で押さえます。このコードもよく使うコードなので覚えておきましょう。

次にFコードですが、今やったAmのコードに人差し指で2弦の1フレットを押さえます。これがFのコードになります。この時に、人差し指と中指がこの弦の間に指が指が当たらないように気をつけます。1本ずつ鳴らしてきれいになっていればOKです。

次にG7というコードですが、今度は今やったFのコードの人差し指はそのままで、こ中指を3間の2フレットを押します。薬指で1弦の2フレットを押さえます。このG7を押さえるコツは、左手を少し斜めにします。ネックに対して垂直だと押さえることが出来ません。なので、この手の角度を斜めにしてあげると押さえやすくなります。この時も全ての指は立てて押さえるようにしましょう。

よく使われるコードでコードチェンジの練習をします。

コード進行は、C→F→G7→Cの進行で練習をしていきます。

それぞれのコードは4回ずつ弾いて練習します。

この時に、先程の「指が近くにいる」ということが大切になります。

持ち方が悪いと、次のコードにいく時にうまく指が動かないので、出来るだけ指は近くに置いておきます。

こういうことを意識して練習をすると、スムーズにコードチェンジが出来るようになるので、練習の中で注意していきましょう。






ページトップに戻る