ウクレレの右手の弾き方について

このページでは、ウクレレの右手の弾き方についての動画を紹介していきます。



⇒ウクレレの弾き方一覧に戻る


それでは、右手でピッキングをして弾いていきます。右手の親指でダウンストロークでウクレレを弾きます。そうすると、皮膚弾きになります。この場合、少し暖かい音が出ます。

右手の親指をアップで弾くとアップストローク。この場合は爪で弾いています。この場合は少し大きな音が出ます。注意点は親指を弦に対して直角に当てない、どちらかというと、右手の親指の左側くらいで弾いている感じです。ダウンストロークは皮膚弾き、アップストロークは爪弾きになります。

人差し指でダウンストロークで弾くと、爪で弾いていることになります。アップストロークにすると皮膚で弾いている感じになります。何となく音のカラーが違う感じが分かると思います。

この時のコツは、右手を自分から見て象の顔ような形にして弾くと引きやすいです。

先程の親指は、弦に並行するような角度でしたが、人差し指は少し斜めの感じ、垂直や平行ではなくても大丈夫です。

優しい音を出したければ、親指の皮膚でダウンストローク、人差し指でアップストロークすれば、両方とも皮膚弾きになるので優しい音色になります。

大きな音を出すには、人差し指でダウンストロークして、親指でアップストロークすれば大きな音になります。

一番下の弦1弦の3フレットを薬指で押さえてください。そして、上から4本の弦を同時に弾きます。

ウクレレを練習していくと、色々なコードを歩さえて弾いていくようになりますが、コードを押さえることだけを意識して演奏していくと音楽的になりません。

音楽というのは、一定のテンポのリズムに合わせて演奏していくことが必要なので、それを考えて練習していくことが必要です。







ページトップに戻る