ウクレレの左手の押さえ方

このページでは、ウクレレの左手の押さえ方についての動画を紹介していきます。



⇒ウクレレの弾き方一覧に戻る


今回は初心者のための左手の押さえ方について説明をしていきます。

左手はウクレレを支えるために使います。つまり、常に左手はウクレレのネックの部分に当たっています。コードによったら少しずらしたりしますが、基本はネックの部分に当てたままにしておきます。
コードは教則本を見るのがいいですが、基本は隣の弦に当たらないように弦を押さえます。

隣の弦に指が当たると鳴らなくなるので、なるべく爪を削って指を立てて全部の弦をきっちり鳴らすようにしてください。

この時に注意したいのは、特にアコースティックギターをしている方は力を入れてぎゅっと押してしまいがちですが、力を入れずに優しく押さえる押さえ方で弦を押さえるようにしてください。

これがウクレレの左手の押さえ方で大切になるので注意して弾いてみてください。






ページトップに戻る