ウクレレのセーハの弾き方について

このページでは、ウクレレのセーハの弾き方についての動画を紹介していきます。



⇒ウクレレの弾き方一覧に戻る


今日はですね、皆さんから問い合わせを頂いていたセーハのコツについて教えてみようと思います。

セーハは、上から下まで指をペタっと押さえる弾き方のことですけれども、なかなかセーハがきれいに押さえられない、音がきれいに出ないという方がいらっしゃいますけれど、それをどうやったらきれいに音が出るようになるのか、きれいに押さえられるようになるのかを教えてみようと思います。

まず基本的には、左手の人差し指をまっすぐにします。人差し指が曲がっているときれいにセーハできませんから、まっすぐにします。

親指は、人差し指に対しては真裏に置いてください。

これで力を入れてください。

これがセーハになるわけですが、大抵の場合は音が出ないとか、そういう状態になってしまっています。

ウクレレでセーハする時のコツは、指の力ではありません。

皆さんギューっと力を入れて押さえ込もうとしているんですけれども、実は左手の親指がなくても押さえられたりします。

理由は、ウクレレを右手で支えています。左手をセーハした時にちょっと人差し指で後ろに引っ張る感じのイメージです。

試しに、親指を離して全体を後ろに引張り気味で引いてみてください。

意外とこれだけでウクレレが鳴ったりします。

あとこれに親指が付いて支えているくらいの感じです。

これがセーハのコツです。

それが出来ればセーハは大体出来ると思いますので、ぜひやってみてください。







ページトップに戻る